おううブログ~牧場ねこ日記~

里親募集の猫の紹介や牧場に住んでいる猫たちの様子を載せています。。

半保護猫プにミとクロモフィー

プにミと黒モフィーは最近家の中に入れている。

夜のみ入れていて昼間は外へ出している。(外と言っても牧場の敷地内だが)

プにミはカゼを引いているので休ませているが黒モフィーはいつも入りたそうにするので入れてあげている。

↓プにミ

f:id:oww1231:20190915204711j:plain

↓黒モフィー

f:id:oww1231:20190915204458j:plain

プにミと黒モフィーはかなり弱い立場の猫である。

プにミはねこ風邪、黒モフィーはいつもご飯を食べられない。

そのため一匹にして食事をさせている。(ほか猫にいつもご飯を取られてしまうため)

 

黒モフィーはかなり警戒心が強く撫でようとすると逃げる。引っ掻き癖もあるため下手に触ることが出来ない、そのため無理に人なれさせようとはしていない。

が、なぜか部屋の中に入って私のベットのすぐ近くで寝ている謎な猫なのだ。

 

過去記事↓

oww0001.hatenablog.com

 

寝ているところ↓

f:id:oww1231:20190915200550j:plain

最近ふと思った。

いつも黒モフィーはこの隅っこで寝ているのだが毛布の上で寝てくれない。

あえて毛布を避けている。謎である。しっかり日干し出来てない時は洗濯洗剤の匂いが残ってしまうがそれがダメなのだろうか。(今回は特に洗剤の匂いはしない)

 

f:id:oww1231:20190915201041j:plain

プにミは毛布の上で寝てくれるがこの毛布は別の毛布。問題の毛布の上でも寝てくれる。

 

黒モフィーは別猫の匂いがついているから毛布の上で寝るのをためらっているのだろうか。

今度はしっかり日干ししてさらに隅っこに毛布を設置して様子を見ることにしよう。

 

 

一昨日設置したトゥフィンの寝床だがトゥフィンは居なかった。

f:id:oww1231:20190915202017j:plain

一応タオルなどは敷いてある。

oww0001.hatenablog.com

昨日の夜中は寝床の確認ができなく、この写真は本日の19時頃取ったものであり夜中は寝ている可能性もあるが昨日今日とどちらも確認できなかった。

 

 

 

やはりトゥフィンは謎の段ボールを嫌がり別の寝床へ行ってしまったのだろうか。

 

 

 

思ったよりうまくいかず残念な結果になってしまった。

 

 

 

段ボールは一度撤去しほか猫用に別の場所に置いてみることにする。

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ランキング参加しています

よろしければ↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


猫ランキング

牧場のアイドル猫トゥフィンの寝床に段ボールを置いてみた。

昨日の晩トゥフィンにお家を作ってあげた。

 

段ボールの中にバスタオルを入れただけのものだがそのままで寝るより暖かいと思う。

トゥフィンはいつもピザ窯の下で寝ているが風がもろに当たるので寒そうだとおもった為だ。

f:id:oww1231:20190913012213j:plain

いつもこんな感じで寝ている。

 

9月の半ばに入り北軽井沢はだいぶ寒くなってきた。それなりに暖かいところで寝ないとカゼを引いてしまう。

ここに段ボールハウスを作ってやれば喜んでくれるだろうと思い段ボールの猫用ハウスを作った。

そして段ボールをピザ窯の下へ設置し次の日の朝確認した。

 

次の日↓

f:id:oww1231:20190914200611j:plain

トゥフィンはいつものようにピザ窯の下で寝ていた。が段ボールの中には入ってくれなかった。

 

「トゥフィン、そこじゃなくて段ボールの中に・・・」

 

猫は段ボールが好きだと思っていたので難なく入ってくれるだろうと思っていたが、そううまくは行かなかった。

 

いきなり自分の寝床によくわからないものが置いてあったら警戒するのも仕方ない。それとも段ボールのサイズが良くなかったのだろうか。

 

タオルを入れてもうちょい寝心地が良いように改良してみることにする。

 

それでもトゥフィンが入らないようなら別の場所に設置して他猫用にしようかと思う。

 

f:id:oww1231:20190914203006j:plain

最近トゥフィンはだいぶ大きくなってきた。ちょっと前はまだ結構小さかったが気が付いたら成猫サイズになっていた。歳はまだ8か月くらいだと思う。

 

トゥフィンはここの牧場猫の中でもトップクラスにかわいらしい猫である。

8か月くらいのメス猫で名前はトゥフィンと呼んでいる。正式名はスフィンクス

言いにくいからトゥフィン。

いつもうつろな目をしているのが特徴で、性格は穏やかである。

最近は「ミャーオ」と可愛らしく鳴く。

f:id:oww1231:20190914205637j:plain

f:id:oww1231:20190914205727j:plain

あまり人馴れはしていなく触ろうとすると避ける。こちらから近づいても少し逃げる。でもそこまで逃げない。食事中やほか猫と一緒に居るときは撫でれる。

 

撫でられるのはあまり好きなほうではないらしい。だが引っ掻くことはない温厚な猫である。

 

なるおと仲が良い

f:id:oww1231:20190914210138j:plain

トゥフィンはほか猫とめったにじゃれあわないがなるおは特別らしい。

基本ウメ一派に属している。

 

もう少し人馴れしてくれれば里親を探そうかと思ったが思った以上に苦戦している。

 

 

うまく家の中に入れることが出来れば慣れさせることが出来るかもしれない。

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

ランキング参加しています

よろしければ↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


猫ランキング

牧場猫その8「とらみ」

f:id:oww1231:20190913140100j:plain

f:id:oww1231:20190913140116j:plain

名前、とらみ(仮) 名前は決まっていない

灰柄猫なのになぜか微妙にトラ模様があるので「とらみ」。

サバトラにしてはトラ模様が少ないし灰柄にしてはトラ模様があるよくわからない模様である。謎柄なので「なぞミ」と呼ぶこともある。

 

年は1歳くらいのメス猫。かなり警戒心が強く人に近づくことはない。

声と顔立ち、性格から「まおみ」の子だろうと予想している。

まおみ 引っ掻いてくる狂暴な猫

f:id:oww1231:20190907192041j:plain

声と鳴き方はほぼまおみと一緒であり、よく威嚇してくるのも一緒だ。目つきや顔が細めなところも似ている。九分九厘まおみの子だろう。

 

一派はキジトラ一派だと思われるが灰猫姉弟と仲がいい。灰猫は「なるお」と「なるみ」がいてどちらも面倒見の良い猫である。

f:id:oww1231:20190906185409j:plainなるお♂誰にでも優しい紳士猫

f:id:oww1231:20190906182307j:plainなるみ♀面倒見の良いメス猫

 

キジトラ一派と灰柄姉弟は一派としては政宗一派の中にあたる。

f:id:oww1231:20190913012523j:plain←牧場のボス猫政宗

トラミはキジトラ一派と灰柄姉弟の間に位置する立場なのかもしれない。

 

とらみの父親が気になるところだが「なるお」の線は考えにくい。なぜなら「なるお」はまだ1歳ちょいでとらみと年が変わらない。

おそらく去年いた灰柄猫の「マーチン」というオス猫の子だろうと予想しているが、この牧場の猫たちは大体「なるが」という灰柄猫がグランドマザーであるためマーチンが父猫ではないかもしれない。

マーチンは去年オス同士の縄張り争いに負けて牧場を出て行ってしまった。

「なるが」は今年の冬に他界した。灰柄の「なるが」とは顔つきが全く違う為、直接のなるがの子ではないと予想している。

 

「とらみ」は最近少しずつ人に慣れ始めている。ご飯を上げても私が近くにいたら警戒して食べに来なかったが今週になってから私の前まで来てご飯を食べるようになってきた。

少しずつだが人に慣れてきている。

 

 

 

まだ触ろうとすると逃げるが近いうちに触れるようになるかもしれない。

 

 

 

 出来れば肉球を見せてもらいたいものである。

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

先日楓屋さんのブログで紹介させていただきました。

よろしければこちらもどうぞ↓癒されるブログです

kaedeya.hatenablog.com

 

 

 

 

ランキング参加しています↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


猫ランキング

牧場猫「黒モフィー」の謎

f:id:oww1231:20190912121124j:plain


f:id:oww1231:20190912115722j:plain

名前、黒モフィー、くろちび 10か月前後のメス猫 しっぽが長い

性格は臆病、人馴れしていなく触ろうとすると逃げる。ウメ一派に属している




ここの牧場には黒猫がたくさんいる。

なぜならこの牧場のボス猫が黒猫だからだ。

ボス猫の名前は政宗という片目の黒猫である。

政宗

f:id:oww1231:20190912115410j:plain

 

他の黒猫たちの名はツキノワ、ぬこミ、くろミ、ナオミ、保護猫のメイ、そして黒モフィーがいる。

政宗とメイは兄弟であり、ぬこミも同世代である。

↓ぬこミ(しっぽの短い黒猫♀)

f:id:oww1231:20190912115124j:plain

ぬこミと政宗の子にくろみ、ナオミとおそらくツキノワも「ぬこミの子」であろう。

 

くろミ、ナオミ、ツキノワは顔つきが同じであるため兄妹だと推測できる。

 

謎なのは黒モフィーだ。

同じ黒猫だが顔つきが全く違うのである。

明らかに「目」が違う。尻尾も長い。

性格も他の黒猫と違ってかなり臆病で人見知りである。

ぬこミの子たちはよく鳴くのが特徴で人馴れしている猫が多いが、

黒モフィーは滅多に鳴くことがない。

一体親は誰なのだろうか・・・

f:id:oww1231:20190912120129j:plain

大体いつもこんな感じで隅っこで静かに座っている。 

 

一派はウメ一派に属していてよくウメに面倒を見てもらっている。

ぷにミと仲が良く、よく一緒に寝ている。

ただし、最近ウメ一派のサビ猫マスクと仲が悪くマスクに追いかけられている。

トゥフィンとも最近仲が悪くなったのか黒モフィーがトゥフィンを追いかけていた。

 

黒モフィーと仲が良い猫はウメとぷにミくらいで他に仲がいい猫はほとんどいない。

(今年のGWに里親に引き取られたオチビと一番仲が良かった)

 

ほかの猫たちと少し様子が違うようで、ご飯の時も他猫たちと一緒に食べるのを嫌う。

なのでほとんどご飯が食べられずにいてかなり痩せている。

 

黒モフィーの特徴は私がデスクで仕事をしているとなぜか隅っこで座って何かを待っている。ご飯かと思うとそうではない。遊んでほしいのかと思い細い棒でじゃらしてみると一匹の時はじゃれてくれる。

人の近くは平気なようでデスクで仕事をしているとなぜかデスクに上って来る。(触ろうとすると逃げるが)

遊んでほしいのだろうか。

f:id:oww1231:20190912120842j:plain

いつもここで何かを待っている。

 

最近夜はぷにミを家の中で保護しているがなぜか黒モフィーもついてきた。

ぷにミも一匹だと寂しいだろうから最近は黒モフィーも一緒に家の中に入れている。

私のベットのすぐしたで寝ているがそれでも人馴れしないのである。

触ろうとすると逃げるのだ。

f:id:oww1231:20190912121502j:plain

↑ぷにミと黒モフィー

 

f:id:oww1231:20190912120944j:plain

↑家の中でくつろぐ黒モフィー

 

よくわからない猫だが、もしかして一匹だけならなつくのではないかと最近思っている。

 

なぜなら明らかに黒モフィーは他猫に遠慮しているように見えるからだ。

 

このような猫は多くいて猫を複数飼っている人ならわかると思う。

普段はそっけないが一匹だけになると甘えてくる猫が結構いる。

 

 

黒モフィーもこのようなタイプなのかもしれない。

 

 

 

しかし誰の子なのかは謎のままである。

 

 

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

よろしければ↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


猫ランキング

自由猫ウメの肉球を写真に撮ってみたが肉球占いでどれに属すかわからない。

f:id:oww1231:20190911174814j:plain

自由猫ウメの肉球を撮ることに成功したが肉球占いでどのグループに属すかわからない。

素直に当てはまるとA3型かなと思ったがA型の特徴に当てはまらないものがある。

Aタイプの肉球は真ん中がハート形になっている

ウメの肉球はハートなのだろうか。ぷにミの肉球はしっかりとハート形なのだがウメはちょっと様子が違う。

↓足の肉球

f:id:oww1231:20190911175516j:plain

ハート形になっていない

肉球占いは基本効き手で見るらしいのだが、これは明らかにハート形ではない

肉球占いでは大まかに5つの分類があり「三つ葉型」「おにぎり型」「米粒型」「ロケット型」「富士山型」とある。

この形は典型的な富士山型になるだろう。

富士山型の特徴は自分が1番でないと気が済まないタイプらしいが結構臆病なところもあるみたいだ。

確かにウメに当てはまる。

ただ、A、B、C、D、E型に当てはめるとよくわからなくなる。

真ん中がへこんでいるのはA型、C型、D型と三つもありわからない

A型はハート型、C型は頂点が平ら、D型は頂点平らで肉球3つがくっついている。

足の肉球だとDタイプっぽいが、手の肉球はどれにも当てはまる・・・わからない。

Dタイプの一番の特徴は肉球同士の溝が無いのがDタイプになるみたいだ。

ウメは微妙に溝がある。う~むわからない。

AかCかな・・・足の肉球が頂点平たいからC型ってことにしておこう。

 

C型の特徴は静かに過ごすのが好きなインドア派タイプでマイペースらしい。また

我慢強いのが特徴みたいだ。

確かにウメは静かなところが好きなのはあっている、しかもかなりのマイペース猫だ。

 

A型はかなり人懐っこくて「よく鳴く」のが特徴でありウメは全く鳴かないのでA型ではなさそうである。

 

ということでウメの肉球占いは富士山型でCタイプということにしておこう。

 

「自分が1番でないと気が済まないマイペースな猫」がウメの特徴とでた。

 

 

自由猫ウメ↓

f:id:oww1231:20190911183631j:plain

f:id:oww1231:20190911183647j:plain

いつものように夕方になると網に絡まりに来るウメであった。

 

 

↓過去記事

oww0001.hatenablog.com

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

よろしければ↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


ペット(猫)ランキング